内装解体工事はどんな事をするのか


内装解体工事は、賃貸物件の入居や退去、改装といった際に行う工事のことで、あくまでも内装の解体で、建物そのものを解体する工事ではありません。

賃貸物件に入居したことのある人なら、原状回復といった言葉を聞いたことがあるでしょう。住居用の賃貸物件で、退去時に原状回復費用を請求されたことがありませんか?関西では、入居時に前もって預ける形となっていますが、関東では退去時に請求されるので、その金額に驚いたことがある人も多いでしょう。

商業施設やビルに入居している店舗になると、電気設備や換気設備などの関係から、専門の業者が設備の確認を行いながら工事を進めていきます。

個人向けの賃貸物件の内装解体工事は原状回復を前提としていますが、商業向けの内装解体工事は、基礎や柱といった建物構造体を残し、配管設備や壁、床といった設備を取り除いたスケルトンと呼ばれる状態にまで解体していきます。

最近流行りのリノベーションを個人でする場合も、内装解体工事が活躍します。

内装解体工事の利便性

内装解体が使われる工事

内装解体から見るリフォーム

ピックアップ

内装解体工事ならスッキリ計画(東京、埼玉、神奈川、千葉)対応
内装解体工事ならスッキリ計画(東京、埼玉、神奈川、千葉)対応
内装解体工事のことを知りたいのでしたら、スッキリ計画のホームページがオススメです。個人宅から商業施設まで、解体実績が多く料金システムや内装解体工事に伴う不用品の回収なども取り扱っていますので、どうやって作業を進めていくか相談しやすいでしょう。

新着情報

Comments are closed.